please select your preferred language

English
English
Deutsch
简体中文
Türkçe
Español
日本語
한국어
繁體中文
Bahasa Indonesia
ja
Tencel.com
press release
22 / 06 / 2021
レンチングが革新的な繊維識別テクノロジーをTENCEL™ブランドの繊維に拡張
back
press releases
22 / 06 / 2021
レンチングが革新的な繊維識別テクノロジーをTENCEL™ブランドの繊維に拡張
  • レンチングの繊維識別テクノロジーは、繊維を物理的に識別して、トレーサビリティの確立と偽造からの保護を実現します。
  • 今後は、繊維業界のサプライチェーンの透明性を高め、TENCEL™ブランドの全種類の繊維を網羅できるよう、システムを拡張していきます。

20216月22、レンチングレンチング・グループは、革新的な繊維識別テクノロジーをTENCEL™ブランド(以下テンセル™)のリヨセルおよびモダールの繊維にまで拡張し、繊維製造プロセス全体でサプライチェーンの透明性を確保するというコミットメントを、さらに強化します。TENCEL™ LENZING™ ECOVERO™ブランドの繊維用システムの発表や業界からの反響、ならびに、木材を使用したセルロースの製造業者の増加にともない、レンチングは、製品のトレーサビリティを確保するために、テンセル™ブランドのテクノロジーのさらなる拡張に踏み切りました。

ブランドや消費者の可視性を高める先駆的なテクノロジー

レンチングの繊維識別テクノロジーは、生地や衣服といった繊維製品のさまざまな段階で、繊維の由来を物理的に識別します。これにより、繊維の完全なトレーサビリティが可能になり、偽造から保護し、製品がテンセル™ブランドのリヨセルおよびモダール繊維製であることをブランドと小売業者に保証します。また、その繊維が、資源効率と環境的および社会的責任の高い基準を満たす、最先端の生産設備で生産されていることを保証します。これにより、ブランドと消費者は、製品の製造方法や製造場所を完全に把握できます。

繊維の識別は、レンチングeブランディングサービス内の生地認証プロセスの重要な部分です。2021年11月以降、レンチングは生地に対する繊維識別テストを行い、オンラインサービスおよびテスト施設のセキュリティを強化し、さらにバリューチェーンパートナー間の透明性とセキュリティを向上します。また2022年前半までには、ブランドと小売業者向けの追加サービスがレンチングeブランディングサービスに統合されます。

サプライチェーンにおける持続可能性の向上

繊維業界は、常に、公害や炭素排出量などの環境問題に取り組もうとしてまいりました。ブランドによる持続可能性の受け入れはますます増加傾向にありますが、対応は遅れており、特にメーカーやサプライヤーではそれが顕著です。繊維業界が自身のバリューチェーンをより持続的に管理するためには、ブランドと消費者の両方がプロセス内の問題の性質と規模を十分に認識している必要があります。最終製品の原材料の追跡とトレーサビリティを徹底することにより、その原材料が責任ある資源に由来し、業界基準に準拠し、その結果として、問題となる資源に由来した材料の使用を防ぐことができます。長期的に見て、すべての当事者が情報に基づいた意思決定を行うことで、業界全体の持続可能性の向上につながります。

レンチングAGのグローバルテキスタイル事業担当副社長、Florian Heubrandnerは次のように述べています。「持続可能性に対する意識が高まるにつれ、レンチングのブランドに対する信頼性をまもり、業界関係者と消費者に信頼されるためには、製品の透明性とトレーサビリティを継続的に改善することは必須であると感じております。繊維識別テクノロジーを使ってテンセル™ブランドのサプライチェーンの透明性に対する取り組みを拡大することで、繊維業界の持続可能性を高め、ブランドパートナーが持続可能性の取り組みを伝え、グリーンウォッシュに対抗するための信頼性を確保できるようにしたいと考えています」

環境に配慮した確かさでブランドの認証を保護

ファッション業界における持続可能性の推進の結果、より多くのブランドが、厳しい木材調達ポリシーと、環境的および社会的影響の観点から業界承認済みの生産ガイドラインを持つ、環境に配慮した生産者からセルロース繊維を調達することを目指しています。レンチングの繊維識別テクノロジーを使用し、プロセス全体で繊維を追跡できるようにすることで、消費者に対して、購入する衣類や家庭用繊維製品が持続可能なテンセル™ブランドの繊維製であることを保証できます。

繊維識別テクノロジーで原材料の透明性ある未来を育む

ブランドと消費者が確かな情報にもとづいた購入の重要性に意識を高めるにつれ、生産プロセスに関する証明を提示することがますます重要になっています。物理的なトレーサビリティにデジタル面でのトレーサビリティを組み合わせることで、ブランドは製品に使用される材料を簡単に検証することができます。これは、今後の繊維およびファッション業界をけん引する、主要な要素となるでしょう。レンチングは、TextileGenesis™とのパートナーシップを通じて、革新的なeブランディングサービスに加え、ブロックチェーン対応のサプライチェーンのトレーサビリティプラットフォームを立ち上げることで、デジタルトレーサビリティの最前線に立っており、これまでにないレベルのトレーサビリティを実現してきました。

Heubrandnerはさらに次のように述べています。「今後数年間にわたり、ブランド化された繊維製品はより広範な繊維識別テクノロジーを採用し、やがてサプライチェーンにおける材料をリアルタイムで追跡することが可能になります。弊社の成功が、イノベーションによって持続可能性を高める実例となり、実証済みの持続可能なソリューションに目を向けるきっかけとなってくれることを願っています」

この発表に関連する画像はこちら下記からダウンロードできます

ご連絡はこちらから