please select your preferred language

English arrow-down
English
Deutsch
简体中文
Türkçe
Español
日本語
한국어
繁體中文
Bahasa Indonesia
日本語 arrow-down
search
06 / 06 / 2024
レンチング、Cobalt FashionおよびExponent Envirotechと提携し、木材由来のセルロース繊維用の無水染色技術「ECOHUES™」でファッション業界に変革を起こす
back
06 / 06 / 2024
レンチング、Cobalt FashionおよびExponent Envirotechと提携し、木材由来のセルロース繊維用の無水染色技術「ECOHUES™」でファッション業界に変革を起こす
  • ECOHUES™は、技術系スタートアップ企業のExponent Envirotechが開発した革新的な無水染色技術で、水と染料の使用量をそれぞれ95%と40%削減する、リサイクル可能な非水性溶剤を使用することを特徴としています[1]。
  • テンセル™ブランドのリヨセル繊維とモダール繊維、レンチング™エコヴェロ™ブランドのビスコース繊維は、ECOHUES™技術を使用して染色される初の木材由来のセルロース繊維になります。
  • ニット衣料メーカーのCobalt Fashionとの提携により、従来の染色糸と同様にカラフルで機能的な代替糸オプションが業界にもたらされ、繊維業界の二酸化炭素排出量と環境への影響を軽減します。

レンチング –木材由来の特殊繊維の世界的大手メーカーであるレンチング・グループは、技術系スタートアップ企業のExponent Envirotechと提携して、木材由来のセルロース系繊維に無水染色技術であるECOHUES™の導入を発表しました。この技術は、従来の水性染色に代わる可能性があるものとして認められており、綿やリンネルの糸にも応用できます。レンチングとの提携により、ECOHUES™は、テンセル™ブランドのリヨセル繊維やモダール繊維といったセルロース系繊維と、高い環境基準を満たしているとしてEUエコラベル認証を受けているレンチング™エコヴェロ™ブランドのビスコース繊維に初めて適用されます[2]。ここに香港を拠点とする革新的なニットウェアメーカーのCobalt Fashionが加わり、3社の連携は繊維市場に化学的で画期的な進歩をもたらすべく邁進してまいります。

レンチングのグローバル繊維部門でテクニカルマーケティングおよび開発担当ディレクターを務めるRex Mokは次の通り述べています。「レンチングは、常にパートナーと協力して、製品品質を保証するだけでなく、地球資源の使用を削減する革新的なソリューションを探しています。Exponent EnvirotechとCobalt Fashionとのコラボレーションはそうした取り組みの象徴であり、繊維バリューチェーンに拡張性の高い革新をもたらしています。リヨセル繊維、モダール繊維、ビスコース繊維に、初めてECOHUES™という革新的な染色技術を導入できることをとても嬉しく思います。こうした技術が利用できるようになったことで、繊維バリューチェーン内の従来の慣行を体系的に改革する重要なステップを踏み出すことが可能になったのだと思います」

ECOHUES™資源効率を向上させながら鮮やかな発色を実現する革新的なソリューション [3]

従来の染色工程では、糸1トンごとに120トンの水が必要です。この工程には通常、化学薬品を大量に使用する環境下での、前処理、水性染色、洗浄、仕上げが含まれます。ECOHUES™技術は、染色工程で使用される水を99.8%再利用可能な非水性溶剤に効果的に置き換え、染色後のソーピング洗浄の必要性をほぼ排除することで前処理と仕上げの工程を合理化します。これにより、従来の染色方法と比較して水の全体的な使用量を95%削減できます。この簡素化されたプロセスにより、水とエネルギーの消費量が削減されるだけでなく、従来12時間かかっていた染色時間を6~8時間に大幅に短縮することで、コスト効率と生産効率も高めることができます。

さらに、ECOHUES™では、一般的な染色助剤である塩を使用しないため、高塩分濃度の繊維廃水という、業界の長年の課題にも対処できます。ECOHUES™は、染料を40%節減し、必要な染料を大幅に削減しながら97%を超える色の定着率を確保します。これは従来のソーピングしながらの染色工程の平均割合を30%以上も上回り、糸の安定した発色を維持します。製造工程の炭素排出量と水消費量を50%以上削減するテンセル™繊維とレンチング™エコヴェロ™繊維素材の糸の使用を増やし[4]、その自然な白さを活かして漂白プロセスをもスキップし、綿に比べてエネルギーと化学薬品の全体的な使用量をさらに削減することで、お客様やブランドパートナーにとって、より責任ある選択肢を提供します。

Exponent Envirotech会長のWesley Choi氏は次のように述べています。「Exponent Envirotechは、業界向けの持続可能なエネルギー最適化ソリューションに特化した企業として、創業以来環境に優しいイノベーションを推進してきました。このプロジェクトでは、持続可能な製造慣行と責任ある材料を統合し、資源効率が高く環境に優しいファッション生産における新たな業界基準を構築しています」

コラボレーションの力で繊維バリューチェーンにおける従来の慣行を体系的に改革

ECOHUES™テクノロジーは、インナー肌着、アパレル衣料、スポーツ衣料、履物など、セルロース系繊維が広く使用されているほぼすべての分野に適用できますが、コラボレーションの成果を実現する適用対象としてニット製品が選択されました。Cobalt Fashionが製造するニット製品のコレクションは、ECOHUES™技術で染色したレンチング繊維を素材とする糸で作られています。これにより、レンチングのセルロース繊維にテクノロジーを組み合わせることで、ニット製品の性能がいかに高まるかが実証され、スタイルと持続可能性の両方を求める消費者の要求に応えています。

Cobalt Fashionのマーチャンダイジング担当シニアバイスプレジデントを務めるAndrew Dixonは次の通り述べています。「サステナブルなファッションを追求するにあたって、Cobalt Fashionは、炭素排出量と水の使用量を削減しながら性能と手頃な価格を維持できる革新的な糸を絶えず追求しています。無水染色法は、従来の染色技術に比べて、エネルギーをそれほど必要としません。このエネルギー効率により、繊維メーカーのコストを削減し、より持続可能な産業の実現に貢献できます。この提携は、私達が力を合わせて広い範囲に及ぶ影響を生み出し、繊維業界全体に体系的な変化をもたらすための重要な第一歩です」

この発表に関連する画像は、こちらからダウンロードできます:

https://mediadb.lenzing.com/pinaccess/pinaccess.do?pinCode=6EMFrGKiAvwy

___________________________________________________________________________

[1] 従来の水性染色工程と比較した場合

[2] 繊維製品対象のEUエコラベル(ライセンス番号AT/016/001)

[3] https://ecohues.earth

[4] 一般的な(ノーブランドの)リヨセル、モダール、ビスコースとの比較結果はLCA規格(ISO 14040/44)に基づいて計算され、Sustainable Apparel Coalition(バージョン3.7)によるHigg MSIで入手できます。

ご連絡はこちらから